07≪ 2017/03 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-06-03 (Fri)
速報一位おめでとうーーー!!!!

いやぁよく頑張った!!正直厳しいと思ったけど、なんとかやれば勝てないことはないとすごく感じました。

やっぱり速報一位は注目度が違いますね。
私も周りの知人達に「速報一位おめでとう」と声かけられますもん。
とはいえ僅か1000票差。
ほぼほぼ同率一位ですね。全然油断できるどころか危機しかない。


でも、追いかける辛い危機感よりも、まゆゆの生誕に初めての速報一位というプレゼントができたことはとても良かったとおもいます。
ファン、ヲタ頑張った!!

ただなんというか…やっぱり相手陣営は強敵ですよね。
コントロールが上手だなと素直に感心します。
やはり一枚上手です。僅差の2位って最高に有利ですもんね。

速報の祝福ムードに湧いていた頭に、冷水をかけられた気分になりました。
怒りもあったし、冷静にもなれ、粛々と投票作業に気持ちが向きました。

私の推しは不器用だから、ファンが頑張らないと…という気持ち。
そしてそんな不器用な真面目ちゃんが評価してもらう世界がいいなと。

これ以上は相手の批判につながりそうな気持ちになるので、これからは単純にまゆゆについて語っていきたいとおもいます。

タイトルにもしましたが、まゆゆは
「泣かない強さ、泣けない弱さ」があるとおもいます。
(なんか浜崎あゆみの曲でこんな歌詞があったなと(世代バレ))

思い出されるのは情熱大陸での選挙の翌朝の散歩インタビューのシーンです。

記者 一位じゃなかったから泣いちゃうのかと…
まゆゆ そんなに弱くない、むしろ一位の方が泣いてたかも。


と語るシーン。
そう、ファンならきっとまゆゆはそうだろうなと、すぐ想像できたとおもいます。

まゆゆは 優子VSまゆゆ とでかでかと選挙で持ち上げられていた時代がありました。

絶対的王者である優子さんを、新世代まゆゆが切り崩すのか…
という時に、蓋を開けてみれば期待されたまゆゆは三位、優子さんですら二位という結果に。

ファンの誰もがショックを受けて、呆然と立ち尽くし、
おそらく司会の徳光さんは壇上での、まゆゆの涙を期待したかとおもいます。

ですが、まゆゆは悲鳴のようなファンの声援をゆっくり聞いたのちに、爽やかな笑顔で
「正直一位を目指してきたので、悔しいです。でも皆さんと一緒に上を目指してこれて私は幸せです。」といい「私は誰よりもAKBに自分自身を捧げてきた自信があるので、来年は一位になりたいです」と言い放った強さがありました。

屈辱だったろうに、悔しかっただろうに、弱さを見せず毅然と前を向いたまゆゆのスピーチは、決して有名ではないですが、とても立派だったとおもいます。

でも本来なら泣いてよかった。
期待されていたのに、誰よりもその重圧に押しつぶされそうになっていたのに。
ファンに泣いて「私の頑張りが足りなかったですか?!もっと投票してください!一位になりたいんです!」と叫んでよかった。
まゆゆの努力はまゆファン以外も知っていましたから、きっとファンも尚更必死になったでしょう。

まゆゆはいつからか、泣いても許される時に泣けなくなりました。

少なくても昔は十代唯一の神7入りで、5位というまずまずの結果にも「今の順位には満足していません!!!」と号泣しながら叫ぶような負けん気の強い子だったのに。

いつの日か、悔しい時こそ、悲しい時こそ、ファンに涙を見せられない人になってしまいました。

「泣かない強さ」は立派です。
ですが、ほかのメンバーを見ていると
「泣けない弱さ」はアイドルにとって致命的なのかもと思います。

悔しい時に、悔しいと言えない、
不安な時に不安だと言えない。


速報に間に合うようにモバメ登録したので、普段応援してない各グループのメンバーから速報前日にメールが来てました。
大体のメンバーは総選挙に言及し、不安だけど頑張ります。といった内容や、中には「最近浮かれてるけど、ちゃんと投票してよね。うまくいかなかった昔のこと思い出してね」とファンに喝をいれたメンバーもいました。


でもそんな時にまゆゆは「今日は諸事情で濃いこと書けない」となぜかソファのシワを写メして送ってきました。

…いみわかんねぇ(笑)

と最初は思いましたが、

あぁこれがまゆゆの弱さなのかなと。

諸事情ってなんでしょうね。
最初は普通にドラマの撮影中で多忙だから、とかネタバレになるから
とかなのかと最初は思いましたが、

多分、選挙に言及したらネガティブなこと言っちゃうだろうなとあえて意味わかんない内容のメールを送ってきたんだろうなと今は思います。

まゆゆは、今まで応援してきてそういう子だなと。
嬉しい時には、泣けるのに。ここ数年のまゆゆは悔しい時に泣けなくなってしまった。


ファンに甘えられなくなってしまった。


「ブログを書いて」と言われても書けないのも、
「今年最後の参加」の表明ができないもの、全部。

ネガティブなことで波紋を呼びたくないからだと思います。
そんな風に不安を煽って、ファンを動かしたくないというまゆゆの生真面目さ、優しくて、誠実な人柄を感じます。

だけどほかのメンバーはそうではないです。

決して悪くない結果にも、悔しいと涙することができるし。
弱音を吐くこともできる。

それによってファンは必死になる。

それを、あざといとはいいません。
事実、選挙の重圧は辛いでしょうし、少しでもいい結果になるために、ファンにくらい弱音をはいてもいいと思います。AKBという身近な女の子というコンセプトで売ってるアイドルのあるべき姿でもあるとすら思います。

王道アイドルと評されながらも、渡辺麻友の本質はアスリートです。
泣かない弱さ、泣かない強さ。

不器用で、強い。

うまく発信できない、まゆゆのために、
私は、もっと無理をします。


きっと負けたら悔しいと思います。
でも何もせずに負けたほうが悔しいはずです。


どうかファンの人も、少しだけ無理をしてください。
今年投票するつもりなかった人もいたでしょう、私も元々そうでした。

でも、今は一位なんです。手が届くかもしれないんです。
けして崩せない牙城ではないのです。


まゆゆが一位になっても、AKBは変わらないかもしれない。
いえ、きっと変われないでしょう今更。

でも、だからこそ
昔から、誰よりもAKBを愛し、AKBの中で成長し続けた、理不尽にも耐えてきたまゆゆを。

真面目が損するような結果で最後の総選挙を終わらせたくないんです。
スポンサーサイト
* Category : 渡辺麻友論
* Comment : (6) * Trackback : (-) |

おはよう * by 杉田邦晃
まゆゆ頑張れ好きだ・

* by 51歳 ゆり
泣かない強さ、泣けない弱さ

人間として、誠実で真面目でちょっぴり頑固なまゆゆが大好きです。
不器用で、面白い気の利いた事が言えないまゆゆ。
でも、大方の人間がまゆゆと同じように器用に立ち回れない。

ルールを厳守し、歌を愛し、演技も妥協しない、
まゆゆこそ、1位が相応しい。
報われる世界でありますように。

まゆゆのとびっきりの笑顔と自然に溢れる涙がきっと見られます。

* by karaage64
私も昨年の総選挙以来AKBに対する関心が低下しつつもまゆゆを応援する気持ちは熱いままこの1年間を過ごしてきた者です。
総選挙が始まった時も当初は「どうしようかな~」程度の感覚でしたが、今年がどうやら最後の出馬になるらしいということと、まゆゆ本人の頑張りをみているうちに、再びやる気が満ち溢れてきました。
今は前回や前々回以上に、どうしてもまゆゆに1位をプレゼントしたいです!
速報に浮かれることなく、最後まで全力で前回の倍以上頑張ります。総選挙はヲタ間の競争でもあります。最後まで戦い抜きましょう!そしてまゆゆコールをもう1度!

長文失礼しました

* by まゆ論
杉田邦晃 さん

ありがとうございます。応援してくださいね〜

* by まゆ論
ゆりさん

まゆゆの不器用なまじめさは魅力の一つですよね。
確かに他のメンバーに比べてファンを釣るのは下手だと思います。
でもそれだけ不器用なのにここまで登ってきたのは、やはりまじめを極めた結果だと思います。

彼女がまじめを投げないように、まじめを評価してあげる結果を残していきたいと思います。

* by まゆ論
karaage64さん

コメントありがとうございます。そうですね。どうしてもまゆゆに一位をあげたい。
浮かれることなく気を抜かず頑張っていきたいと思います。
私も去年の倍、そしてソロにかけたお金分以上はすくなくてもぶっこみたいと思っています。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。